【2015】砂沼サンビーチの割引情報が気になる!

2015砂沼サンビーチ

夏と言えば海にプール!

今年も待ちに待った砂沼サンビーチがオープンします。

2015年(平成27年)のプール営業期間は、平成27年7月18日(土)から8月31日(月)までの45日間です。

おおよそ子供たちが夏休みの間中の営業です。

砂沼サンビーチは、流れるプールや波のプール、ウォータースライダー等楽しいプールが10種類あります!

砂沼サンビーチの営業情報

砂沼サンビーチで気になる入場料や割引券、営業時間、駐車場や駐車料金の情報です。

砂沼サンビーチの各種情報
砂沼サンビーチの各種情報

大人:1100円

小中学生:500円

幼児(3歳以上):300円

※25名以上の団体で割引

営業時間:9時から17時まで(最終入場16時半迄)

※土日祝と8/13~16は8時半から営業。

駐車料金は普通車500円。

砂沼サンビーチの割引券

割引券としては、コンビニ前売り入場券で大人1000円小中学生450円になります。

前売り券は、ローソン、ファミマ、セブン、サンクスなどのコンビニで商品コード「0240165」で購入することができます。

大人なら100円引きで小中学生は50円引きです。

入口で入場券を買う手間も省けますし、ちょっとした割引券としていいですよね。

前売り券の買い方はこちら

さらに嬉しいことに、幼児(未就学児)なら招待券で無料になります!

砂沼サンビーチ幼児招待券
砂沼サンビーチ幼児招待券(2015)

幼児招待券2015|砂沼サンビーチホームページ

砂沼サンビーチ公式ホームページから無料招待券をカラーで印刷してお持ちください。

300円が無料になるのは大きい割引ですね!

砂沼サンビーチへのアクセス

車で来る場合は、

常磐自動車道 谷和原ICより、国道294号を下妻方面へ(約40分)

常磐自動車道 土浦北ICより、国道125号を下妻方面へ(約40分)

国道50号 結城より、県道15号(結城下妻線)を下妻方面へ(約25分)

北関東自動車道 桜川筑西ICより、国道50号を筑西方面から国道294号を下妻方面へ(約40分)

砂沼サンビーチ

住所:茨城県下妻市長塚乙4-1

電話番号:0296-43-6661

 

電車は、常総線で下妻駅まで来て、下妻駅から砂沼サンビーチまではバスの運行が予定されています。

バスの運行情報は下記を参照ください。

砂沼サンビーチバス

砂沼サンビーチの開園時間をお知らせします【2015年】

砂沼サンビーチ

2015年も夏休みの開始とともに砂沼サンビーチがオープンします。

ちなみにサヌマサンビーチは「佐沼サンビーチ」ではなくて、「砂沼サンビーチ」です。

「すなぬま」で変換してもらえれば早いかと思います(笑)

砂沼サンビーチ
砂沼サンビーチ

砂沼サンビーチの開園時間

2015年の砂沼サンビーチの開園時間をお知らせします。

平日は9時オープンで土日祝日は8時半からのオープンになります。

8月13日~16日のお盆期間も8時半からのオープンです。

砂沼サンビーチの営業時間

休みの日は平日より30分早く始まりますので、早起きしてサンビーチに行きましょう!

砂沼サンビーチの割引情報が気になる方は下もご確認ください。

【2015】砂沼サンビーチの割引情報が気になる!

関東の駅百選にも認定されている騰波ノ江駅に行ってきました

騰波ノ江駅

『下妻物語』のロケ地にもなった騰波ノ江駅に行ってきました。

調べてみると関東の駅百選にも認定されているそうで。

のどかな雰囲気がたまらないです。

騰波ノ江駅
騰波ノ江駅

FUNKY MONKEY BABYSの『もう君がいない』(2007年)のプロモーションビデオにも使われているということで調べてみました。

FUNKY MONKEY BABYS『もう君がいない』(2007年)
FUNKY MONKEY BABYS『もう君がいない』(2007年)

たしかにこれは騰波ノ江駅っぽい・・・

FUNKY MONKEY BABYS『もう君がいない』(2007年)
FUNKY MONKEY BABYS『もう君がいない』(2007年)

完全に騰波ノ江駅でした。

近くにある駅過ぎて意識していませんでしたが、こうやってPVなどに使われているのを見ると、いいロケーションですね。

下妻市に観光に来る際はぜひ見てほしい駅です。

騰波ノ江駅のホーム
騰波ノ江駅のホーム

電車を待つ待合室のような小屋がいい味を出しています。

そこに1両で走る常総線が来るとさらに素敵になるんですよね。

騰波ノ江駅のトロッコ
騰波ノ江駅のトロッコ

常総線100周年の記念としてトロッコも敷設されています。

トロッコを間近で見られる機会はなかなかないですからね。

こういうのどかな風景を大切にしていきたいです。

100周年を越えたローカル感たっぷりの常総線

常総線

下妻市にはローカル感たっぷりの関東鉄道常総線が走っています。

常総線が下妻を走るときは、ほとんどの場合、車両が1両のみです。

常総線
常総線

( 引用:まるでネコバス?『11月1日で100周年』ディーゼル列車の関東鉄道常総線とは

この常総線が2013年の11月で100周年を迎えていました。

もちろん車両が変わったりはしていますが、100年という長い歴史を持っていたんですね。

昔からこの列車を見てきていたので、常総線を見るとなんだか癒されます。

電車でどこかに出かけても、帰ってくるときに常総線に乗ると、なんとなくほっとする気がします。

「帰ってきたんだな。」

という感じで。

下妻にお越しの際は、この不思議な暖かさのある常総線をぜひご覧ください。